インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を用いているのです。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療をはじめる前に歯科医に話しておくとベストだと思います。新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してからはじめなければなりません。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。検査など、治療の一部しか保険が聞かないのが高額の負担を避けられない所以です。安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用が数倍にもなる可能性があることを承知しておく必要がありますね。インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクはあります。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に関わる問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目を損なってしまう問題もあります。

こういった危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

トータルで30万円から40万円と考えて下さい。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに料金はずいぶん違ってきます。

治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
ここで重視すべきなのはインプラント治療を受けた方からの評価です。何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れなしで長もちすると思ったら大間ちがいです。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすをのこしておくと歯茎の炎症を起こし当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、完璧なセルフケアを目指して下さい。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウン治療が可能になります。

抜歯した場合の選択は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすく身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など十分な検査をおこない、結果を検討した上で治療をはじめるのが普通なので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを定期的に行っていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。